みくりNEWS

【プレスリリース】乳幼児健診説明動画コンテンツ、乳幼児健診フォロープログラム オンライン勉強会、『何でも子育てオンライン相談室』を開始-乳幼児の集団健診をうけられなかった自治体にお住まいのお子さま・保護者さまのための緊急支援として-

local_offerお知らせ取材・報道

■背景・目的

医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく(理事長・院長:本田 真美)は、2020年5月5日、生後2週間健診・1カ月健診:3-4カ月健診・3歳健診をクリニックの全額負担により、当面の間無償で実施することとしました。本事業を報道でも取り上げていただき、社会的な関心の高さの伺える反応をいただきました。並行して行政へのロビイングをすすめておりましたが、世田谷区への要望書の受理はなされたものの、未だ乳幼児健診再開への目途は立っておりません。個別健診についての方針が厚生労働省から出されてはいるものの、3-4カ月健診に行けぬままであるにも関わらず既に6,7ヶ月健診の案内が郵送されてきた世帯もあると聞きます。

養育者となった方は、子どもが生まれて初めて地域を意識します。しかし、丁寧な子育てを意識するあまり、親が何でも先に準備してしまうような先回り育児や過干渉の問題、他人とのかかわりの少なさのため養育者の安心できるような環境が不足しており、インターネット上などの情報過多の中で思い描いていた子育て像の理想と現実のギャップに苦しむ養育者が多くいます。

それにもかかわらず、妊娠期からの子育て支援や出産からの切れ目ない支援の実現が未だできていない我が国において、乳幼児健診は地域の子育て支援との接点をあらゆる養育者が持てる貴重な機会です。

当院のこれまでの乳幼児健診では養育者の疑問・不安として身体のこと・栄養に関するものが多く寄せられており、健診時の医師判定で異常あり、もしくは疑いになったものとして(養育者の不安と重なる)身体のこと・栄養に関すること、そして発達(例:寝返りしない、目を合わない)・体重増加不良・低身長に関することが挙げられます(出典:「子育てを考える~乳児健診での養育者の疑問から~」2018年 日本小児診療多職種研究会)。

この度、乳幼児の集団健診をうけられなかった自治体にお住まいのお子さま・保護者さまのための緊急支援として乳幼児健診説明動画コンテンツ、乳幼児健診フォロープログラム オンライン勉強会、『何でも子育てオンライン相談室』を開始することとしました。

支援内容について

乳幼児健診説明動画コンテンツ
乳幼児健診説明動画コンテンツ(3,4ヶ月・6,7ヶ月・9,10ヶ月・1歳児半)をYouTubeで当面の間、無償で公開します。内容はあくまでお子さまの成長・発達の目安としていただき、各地域のかかりつけ医などで詳細な健診を実施していただくことをおすすめします。

●乳幼児健診フォロープログラム オンライン勉強会
多職種連携を通じた地域の子育て支援をしてまいりました当院の小児科医とリハビリスタッフから、健診のタイミングに合わせ子どもの成長・発達を伸ばすためのヒントをお話いたします(こちらのサイトで告知予定です)。【時間:60分、費用:500円】

●『何でも子育てオンライン相談室』
当院の小児科医、育児セラピスト、リハビリスタッフが保護者さまのちょっとした聴きたいことにおこたえします(こちらのサイトで告知予定です)。【時間:10~15分、費用:500円】

二子玉川経済新聞”上野毛のクリニックが乳幼児健診を無償で提供 健診自粛の自治体在住者対象に”として報道されました

local_offerお知らせ取材・報道

上野毛のクリニックが乳幼児健診を無償で提供 健診自粛の自治体在住者対象に - 二子玉川経済新聞 - nikotama.keizai.biz

上野毛のクリニックが乳幼児健診を無償で提供 健診自粛の自治体在住者対象に - 二子玉川経済新聞

ぜひご一読ください。

みくりキッズくりにっくの生後2週間健診、1カ月健診、3,4カ月健診、3歳健診のご案内

○2週間健診・1カ月健診

ご出産された産科の定期健診を、ご事情があって受けられない方のために、小児科医と助産師による2週間健診、1カ月健診を毎週木曜午後におこなっております。
体重の増えや、おっぱいの飲み、肌のトラブルなど、ご心配なことを是非ご相談ください。

スケジュール:
毎週木曜日  13:00~15:00
クリーン診療時間内にクリニックの隣の棟のお部屋でおこないますので、感染の心配がありません。

費用:
無料

お申し込み:
電話予約(予約電話:03-3704-0890)でお願いいたします

○3,4カ月健診

世田谷区の健診事業(3,4か月児健康診査)について地域のクリニックへの受託が決まりましたため、公費負担で小児科医による健診をお受けいただけます。

助産師、管理栄養士の相談も実施中です。

費用:
無料
※世田谷区指定の問診票を必ずご持参ください.
※7月中はお手元に届いていない方は、当院にて準備いたします。

お申し込み:
電話予約(予約電話:03-3704-0890)でお願いいたします

スケジュール:
毎週木曜日  13:30~14:30
※クリーン診療時間内に行いますので、感染の心配がありません。

○3才健診

世田谷区では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため健診事業(3~4か月児健康診査、1歳6か月歯科健康診査、3歳児健康診査)が令和2年4月以降、当面の間 中止となっております。
公費負担にはなりませんが、当院では小児科医による3カ月健診、3才健診をお受けいただけます。
助産師、管理栄養士の相談も実施中です。

スケジュール:
平日・土日 14:00〜17:00の予防接種・健診枠(ネットからご予約ください)。
予防接種も一緒にお受けいただけます。
クリーン診療時間内に行いますので、感染の心配がありません。
※尿検査があります。予めご了承ください。

費用:
3,000円

みくりキッズくりにっくは、世田谷区二子玉川・上野毛でお子さまの成長・発達とご家族の子育てを、多職種連携によって医療・デザイン・教育の枠を超えてサポートしています。

このような方にオススメです

✔️出産した病院での健診を予定していたが、病院までの外出が不安で近くの場所で個別受診したい
✔️より感染対策に力を入れているクリニックで診てもらいたい
✔️今後は赤ちゃんのことだけでなく、母乳相談や栄養相談などご自身やご家族のことも専門家に聞きたい

お申し込み:
予防接種/健診枠でネットからご予約ください。

※現在、同居ご家族に発熱などの体調不良がある場合は、クリーンタイムでの来院をお断りさせていただいております。また感染対策のため、診察室ではお母さまと赤ちゃんの診察に限らせていただいております。
※クリーンタイム、クリーンエリアでの診察となりますため、母子ともに感染症の疑いのない方に限らせていただいております。

お困りになられた時はいつでもお待ちしております。
ご心配やご不安なことはお電話でもお問い合わせください。
大変な時期ではありますが、皆さまと一緒に乗り越えられるよう、スタッフ一同、力を合わせて頑張って参ります。

p_honda

院長:本田 真美

経歴:東京慈恵会医科大学 卒、国立小児病院にて研修後、国立成育医療センター神経科、都立多摩療育園、都立東部療育センター勤務、ニコこどもクリニックの院長として 2010年~2016年勤務

資格: 医学博士、日本小児科学会専門医、小児神経専門医、身体障害者福祉法第15条指定医、おもちゃコーディネーター

担当診療科: リハビリテーション科

院長のごあいさつはコチラ

NHK“新型コロナで集団健診中止 診療所が乳幼児健診 東京 世田谷”として報道されました

local_offerお知らせ取材・報道

FireShot Capture 634 - 新型コロナで集団検診中止 診療所が乳幼児健診 東京 世田谷 - NHKニュース - www3.nhk.or.jp

新型コロナで集団健診中止 診療所が乳幼児健診 東京 世田谷 | NHKニュース

【プレスリリース】みくりキッズくりにっく(東京都世田谷区)乳幼児健診を無償で実施-COVID-19拡大防止のため乳幼児健康診査を中止している自治体にお住いの方を対象-

ぜひご一読ください。

みくりキッズくりにっくの生後2週間健診、1カ月健診、3-4カ月健診、3歳健診のご案内

○2週間健診・1カ月健診

ご出産された産科の定期健診を、ご事情があって受けられない方のために、小児科医と助産師による2週間健診、1カ月健診を毎週木曜午後におこなっております。
体重の増えや、おっぱいの飲み、肌のトラブルなど、ご心配なことを是非ご相談ください。

スケジュール:
毎週木曜日  13:00~15:00
クリーン診療時間内にクリニックの隣の棟のお部屋でおこないますので、感染の心配がありません。

費用:
無料

お申し込み:
電話予約(予約電話:03-3704-0890)でお願いいたします

○3,4カ月健診

世田谷区の健診事業(3,4か月児健康診査)について地域のクリニックへの受託が決まりましたため、公費負担で小児科医による健診をお受けいただけます。

助産師、管理栄養士の相談も実施中です。

費用:
無料
※世田谷区指定の問診票を必ずご持参ください.
※7月中はお手元に届いていない方は、当院にて準備いたします。

お申し込み:
電話予約(予約電話:03-3704-0890)でお願いいたします

スケジュール:
毎週木曜日  13:30~14:30
※クリーン診療時間内に行いますので、感染の心配がありません。

○3才健診

世田谷区では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため健診事業(3~4か月児健康診査、1歳6か月歯科健康診査、3歳児健康診査)が令和2年4月以降、当面の間 中止となっております。
公費負担にはなりませんが、当院では小児科医による3カ月健診、3才健診をお受けいただけます。
助産師、管理栄養士の相談も実施中です。

スケジュール:
平日・土日 14:00〜17:00の予防接種・健診枠(ネットからご予約ください)。
予防接種も一緒にお受けいただけます。
クリーン診療時間内に行いますので、感染の心配がありません。
※尿検査があります。予めご了承ください。

費用:
3,000円

みくりキッズくりにっくは、世田谷区二子玉川・上野毛でお子さまの成長・発達とご家族の子育てを、多職種連携によって医療・デザイン・教育の枠を超えてサポートしています。

このような方にオススメです:
✔️出産した病院での健診を予定していたが、病院までの外出が不安で近くの場所で個別受診したい
✔️より感染対策に力を入れているクリニックで診てもらいたい
✔️今後は赤ちゃんのことだけでなく、母乳相談や栄養相談などご自身やご家族のことも専門家に聞きたい

お申し込み:
予防接種/健診枠でネットからご予約ください。

※現在、同居ご家族に発熱などの体調不良がある場合は、クリーンタイムでの来院をお断りさせていただいております。また感染対策のため、診察室ではお母さまと赤ちゃんの診察に限らせていただいております。
※クリーンタイム、クリーンエリアでの診察となりますため、母子ともに感染症の疑いのない方に限らせていただいております。

お困りになられた時はいつでもお待ちしております。
ご心配やご不安なことはお電話でもお問い合わせください。
大変な時期ではありますが、皆さまと一緒に乗り越えられるよう、スタッフ一同、力を合わせて頑張って参ります。

p_honda

院長:本田 真美

経歴:東京慈恵会医科大学 卒、国立小児病院にて研修後、国立成育医療センター神経科、都立多摩療育園、都立東部療育センター勤務、ニコこどもクリニックの院長として 2010年~2016年勤務

資格: 医学博士、日本小児科学会専門医、小児神経専門医、身体障害者福祉法第15条指定医、おもちゃコーディネーター

担当診療科: リハビリテーション科

院長のごあいさつはコチラ

“介助必要な子 支援を…保護者感染 預け先不安”として読売新聞に記事が載りました

local_offerお知らせ医療型特定短期入所まんまる取材・報道

20200509朝刊社会面_page-0001

介助必要な子 支援を…保護者感染 預け先不安 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ぜひご一読ください。

▶ 医療型特定短期入所まんまる│医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく

スタッフ紹介

p_okada

医師(副院長):岡田 悠

職歴:東京大学附属病院、関東中央病院小児科、国立成育医療研究センター総合診療部・小児放射線診断部

資格:日本小児科学会専門医

担当診療科: 小児科

兼務:国立成育医療研究センター小児放射線診断部

ひとこと:外来に来られるお子さんたちが日々成長していく姿が楽しみです。どんな小さな事でも、気になる事や心配事があれば、お気軽にご相談ください。救急診療や放射線診断の経験を活かして、適切で分かりやすい診療を心がけています!

【プレスリリース】みくりキッズくりにっく(東京都世田谷区)乳幼児健診を無償で実施-COVID-19拡大防止のため乳幼児健康診査を中止している自治体にお住いの方を対象-

local_offerお知らせ一般診療乳幼児健診・予防接種取材・報道新型コロナウイルス(COVID-19)対策

医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく(理事長・院長:本田 真美)は、2020年5月5日、生後2週間健診・1カ月健診:3-4カ月健診・3歳健診をクリニックの全額負担により、当面の間無償で実施することといたしました。その他、この時期ならではの育児不安や虐待リスクの現状把握に基づく子育て支援企画を、全国的に実施予定です。

■背景・目的

COVID-19への不安から来る医療機関の受診控えにより、小児・家族支援領域では育児不安や虐待リスクの増大その他の感染症のパンデミックなどが懸念されています。
これまで以上にお子様と保護者様を守るため、必要な時期に安心して予防接種や健診を受けて頂くための取り組みが今、小児医療には求められています。
当院は、保護者の不安払拭と医療機関の歩み寄りの両立が必要と考え、本来提供されるべき医療と支援をとどけるためクリーンタイムの新規設置・時間帯の拡大前後時間帯の院内の消毒、換気を徹底する取り組みだけでなくオンライン診療の開始などに取り組んで参りました。

図2

この度、緊急事態宣言の5月末までの延期をうけて、当院はさらなる支援のため乳幼児健診を無償で実施することとしました。

今後について

●COVID-19拡大防止のため乳幼児健康診査を中止している自治体にお住いの方を対象として、乳幼児健診を無償で実施します。
●ご出産された産科の定期健診を、ご事情があって受けられない方のために、小児科医と助産師による2週間健診、1カ月健診を毎週木曜におこなっております。
●特に、毎週木曜は3-4ヶ月健診として、医師・看護師・助産師・管理栄養士・臨床心理士・リハビリスタッフなど多職種が集結した独自の健診を実施します【下記、健診のポイント】。
○赤ちゃんの身長・体重などの成長、追視・首すわり・うつ伏せ姿勢などの発達
○湿疹や股関節の固さなど、この時期特有のご不安な症状
○おっぱいのこと、離乳食のこと、睡眠のこと …など

今後とも、みくりキッズくりにっくを何卒よろしくお願いいたします。

“小児科診療所 かぜと判別困難で対応苦慮 新型コロナウイルス”として取材をうけました

local_offerお知らせ取材・報道新型コロナウイルス(COVID-19)対策

FireShot Capture 468 - 小児科の診療所でも対応に苦慮|NHK 首都圏のニュース - www3.nhk.or.jp

小児科診療所 かぜと判別困難で対応苦慮 新型コロナウイルス | NHKニュース

小児科の診療所でも対応に苦慮|NHK 首都圏のニュース

ぜひご一読くださいませ。

▶ 新型コロナウイルスに関するお知らせとお願い - お知らせ | 世田谷区二子玉川・上野毛の小児医療施設 みくりキッズくりにっく(小児科,アレルギー科,小児神経内科,児童精神科,リハビリテーション科)

医療法人社団のびた みくりキッズくりにっくの事業がスペシャルニーズがある子どもの情報サイトCOMUGICOに記事が載りました

local_offerお知らせ医療型特定短期入所まんまる取材・報道

FireShot Capture 341 - 医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく - COMUGICO - comugico.info

医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく | COMUGICO

みくりキッズくりにっくが取り組む、新しいリトミック

みくりモンテッソーリこどものいえ はじめちゃん

ぜひご一読ください。

“【東京都】世田谷区に都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所 まんまる」がオープン”として アンリーシュ 医療的ケア児と家族に役立つメディアに記事が載りました

local_offerお知らせ医療型特定短期入所まんまる取材・報道

FireShot Capture 340 - 【東京都】世田谷区に都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所 まんまる」がオープン - アンリーシュ 医療的ケア児と家族に役立つメディ_ - unleash.or.jp

【東京都】世田谷区に都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所 まんまる」がオープン | アンリーシュ 医療的ケア児と家族に役立つメディア

18歳以下の重症心身障がい児・医療的ケア児の日中ショートステイとして利用できる、都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所まんまる」が10月1日にオープンした。

コンセプトは「全ての子どもと親に選択肢を」。

障がいや医療ケアの有無にかかわらず子どもと家族が当たり前の生活を送るための支援をしていきたいとの思いから、国立成育医療研究センター出身の同クリニックの本田真美院長、岡田悠副院長が同所の開設を決めた。

クリニック併設型のメリットを生かし、医師、看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚療法士(ST)など多職種の専門スタッフが連携する。

一人一人の子どもの特性に合わせて活動の提供の仕方を考慮し、リハビリ設備も活用しながら生活の自立をサポートする。

運営は医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく。

ぜひご一読ください。

【東京都】世田谷区に都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所 まんまる」がオープン | アンリーシュ 医療的ケア児と家族に役立つメディア

“世田谷・上野毛に都内初のクリニック併設型医療型特定短期入所「まんまる」”として二子玉川経済新聞に記事が載りました

local_offerお知らせ医療型特定短期入所まんまる取材・報道

1572589231_photo

世田谷・上野毛に都内初のクリニック併設型医療型特定短期入所「まんまる」 - 二子玉川経済新聞

都内初のクリニック併設型「医療型特定短期入所まんまる」(世田谷区上野毛2、TEL 03-6809-8031)が10月1日にオープンした。運営は医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく。

18歳以下の重心児、医療的ケア児の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく、クリニック併設型の同施設は、重症心身障がい児・医療的ケア児の日中ショートステイとして利用できる。

発達障がい児、重症心身障がい児、ハイリスク出産により疾患や障がいを持って生まれた子どもなど、全国で医療的ケア児が1万7000人以上と増加傾向にある一方、障がい児やその家族へのサポートが足りないという現状と、障がいや医療ケアの有無にかかわらず子どもと家族が当たり前の生活を送るための支援をしていきたいとの思いから、国立成育医療研究センター出身の同クリニックの本田真美院長、岡田悠副院長が同所の開設を決めた。

ぜひご一読ください。

▶ 医療型特定短期入所まんまる│医療法人社団のびた みくりキッズくりにっく

たまひよ編集部Web“包丁も火も使わないから、初めてのお手伝いにぴったり!おすすめの“食パンお手伝い”3選”として記事が公開されました

local_offerお知らせ取材・報道

コドモノいっぽクリニック院長丸山の記事が公開されました。ぜひご一読くださいませ。

2才後半から3才ごろになると、大好きなママ・パパと同じことをしたい!という気持ちが芽生えてきます。料理にも興味を持ち、お手伝いをしたがるようになることも。でも、包丁や火を使う料理のお手伝いはちょっと不安ですよね。そんな幼児期のお手伝いにぴったりなのが、食パンを使ったお手伝い。おいしいものを楽しく作れて達成感も味わえる、おすすめの“食パンお手伝い”を3つご紹介します。

包丁も火も使わないから、初めてのお手伝いにぴったり!おすすめの“食パンお手伝い”3選 | パン離乳食のまめ知識 | Pasco 超熟 パンの離乳食~手早くつくれるアレンジレシピ

○子育てサポートプログラム栄養相談(※準備中です)│コドモノいっぽクリニック

親子の栄養のこと、お話します
管理栄養士が専門的なアドバイスをします

こんな方はぜひご相談ください

●補完食(離乳食)を始めたいが、どうすればよいかわからない
●補完食(離乳食)をなかなか食べてくれない
●補完食(離乳食)の量、すすめ方がわからない

▶ 栄養相談 | 子育てサポートプログラム | 狛江・国領の小児科 コドモノいっぽクリニック

みなさま、ぜひ
フォロー&いいねをお願いします

Facebook Instagram