作業療法(OT)

作業療法(OT)

所要時間/約60~120分
担当/作業療法士

不器用、バランスが悪いなど運動発達が気になるお子さんに。作業療法士による運動発達の支援プログラムが受けられます。

作業療法(OT)

お子さんの日常生活動作、運動面、感覚面(視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚など)、手先の巧緻性、学習面(字がうまく書けない、書くのが遅い)など気になる点について、その原因を探り、ひとりひとりの成長発達に合わせた支援プログラムを提供します。ホームプログラムについてもご提案します。

どんな人が対象ですか?

  • 日常生活動作が不器用で時間がかかる
  • バランス感覚が悪い
  • 運動面の不器用やちょっとした遅れが気にな
  • 横目使いで変な物の見方をする
  • 特定の物に触れない・特定の音を非常に嫌がるなどの感覚過敏がある

ご予約について

作業療法(OT)をご希望の方は、発達・小児神経外来を受診いただく必要があります。
発達・小児神経外来では、医師が診察を行い、お子さんに合わせて必要な方針をご提案いたします。

その他の発達サポート部門

発達・小児神経外来

発達・小児神経外来発達が気になるといったご相談から、もしかして発達障害?という不安まで専門家による診察、アドバイス、治療が受けられます。てんかん、夜尿症、神経難病疾患などの診察もおこなっています。
日常のケアや教育・福祉のことまでご相談下さい。

詳しくはこちら

心理療法・カウンセリング

心理療法・カウンセリング公認心理師による発達の相談、カウンセリング、発達検査、Vektor(ワーキングメモリ、注意、多動を改善するエビデンスベース介入)などが受けられます。またペアレントトレーニングやソーシャルスキルトレーニングなども定期的に開催しています。

詳しくはこちら

補装具外来

補装具外来医師、理学療法士、義肢装具士、福祉用具業者が連携し、お子さんに適切な補装具を作成いたします。

詳しくはこちら

理学療法(PT)

理学療法(PT)「頚の座り」「寝返り」「ハイハイ」「お座り」「立つ」「歩く」など基本的な粗大運動発達が気になるお子さん、様々な疾患や障がいをもつお子さんに。理学療法士による運動発達の支援プログラムが受けられます。

詳しくはこちら

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法(ST)お子さんのことばの発達で気になる点について、ご相談ください。
専門的な立場から発達支援プログラムを提供し、アドバイス・サポートいたします。

詳しくはこちら

集団療法(グループハビリテーション)

集団療法同じような悩みを抱えている仲間たちと一緒に小グループで様々なプログラムを受けられます。

詳しくはこちら

イルカセラピー(準備中)

イルカセラピー障害を抱えるお子さんと家族のためのイルカが介在したハビリテーションプログラムをおこないます。

詳しくはこちら(準備中です)

ページの先頭へ ページの先頭へ