集団療法(グループハビリテーション)

集団療法

所要時間/約60分~120分
担当/小児神経専門医、児童精神科医、小児リハビリテーション医師、
公認心理師、作業療法士、言語聴覚士、保育士、看護師、モンテッソーリ教師、音楽療法士、など

集団療法

同じような悩みを抱えている仲間たちと一緒に小グループで様々なプログラムを受けられます。日程、担当などは決定次第、ホームページにてご案内致します。

ぽっぽグループ

内容

1歳半~3歳までを対象とした、親子参加型のグループです。
親子で「あそび」「うんどう」「たべる」「きがえ」「はいせつ」練習を取り組みます。
『上手にできること』、『みんなが同じようにできる』ことを目的にはしていません。
『できない』を『できる』ように、個々に合わせた遊び方や関わり方を提案したり、一緒に考えながら子どもの成長を促がしていくグループです。

開催日

・はとぽっぽグループ:第1.3木曜日 
 H30.4.2~R1.4.1生まれ(月2回)
・きしゃぽっぽグループ:第2.4木曜日 
 R1.4.2~R2.4.1生まれ(月2回)
※6ヶ月を1クールとします

時間

10:00~12:00 ※2時間

場所

みくりキッズくりにっく A棟1階

参加者

発達・小児神経外来を受診されたお子さんとその保護者

担当

長田 ゆき <言語聴覚士>
渡邊 絵都子<作業療法士>
栗原 純子 <アメリカンモンテッソーリ教師>

参加費

予約料 5000円
当日別途、診察料(保険適用)がかかります。

持ち物

おむつ2枚以上、水分、お弁当(お子さんが昼食を食べる時間があります)

申し込みの流れ

発達・小児神経外来受診、医師またはリハビリスタッフにご相談ください。

欠席のご連絡

予約変更は予約前日まで(前日が祝日の場合は2日前まで)に、無料で1回変更できます。
同じグループの日程での変更が望ましいため、日程は担当スタッフにご相談下さい。
当日・無断キャンセル、2回目以降の変更の場合は、予約料の返金は致しかねます。
再度、ご予約をおとり下さい。

その他の発達サポート部門

発達・小児神経外来

発達・小児神経外来発達が気になるといったご相談から、もしかして発達障害?という不安まで専門家による診察、アドバイス、治療が受けられます。てんかん、夜尿症、神経難病疾患などの診察もおこなっています。
日常のケアや教育・福祉のことまでご相談下さい。

詳しくはこちら

心理療法・カウンセリング

心理療法・カウンセリング公認心理師による発達の相談、カウンセリング、発達検査、Vektor(ワーキングメモリ、注意、多動を改善するエビデンスベース介入)などが受けられます。またペアレントトレーニングやソーシャルスキルトレーニングなども定期的に開催しています。

詳しくはこちら

補装具外来

補装具外来医師、理学療法士、義肢装具士、福祉用具業者が連携し、お子さんに適切な補装具を作成いたします。

詳しくはこちら

理学療法(PT)

理学療法(PT)「頚の座り」「寝返り」「ハイハイ」「お座り」「立つ」「歩く」など基本的な粗大運動発達が気になるお子さん、様々な疾患や障がいをもつお子さんに。理学療法士による運動発達の支援プログラムが受けられます。

詳しくはこちら

作業療法(OT)

作業療法(OT)不器用、バランスが悪いなど運動発達が気になるお子さんに。作業療法士による運動発達の支援プログラムが受けられます。

詳しくはこちら

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法(ST)お子さんのことばの発達で気になる点について、ご相談ください。
専門的な立場から発達支援プログラムを提供し、アドバイス・サポートいたします。

詳しくはこちら

イルカセラピー(準備中)

イルカセラピー障害を抱えるお子さんと家族のためのイルカが介在したハビリテーションプログラムをおこないます。

詳しくはこちら(準備中です)

ページの先頭へ ページの先頭へ