舌下免疫療法

舌下免疫療法について

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を少しずつ身体に取り入れて慣らしていくアレルギー治療法の一つとして注目を集めているのが舌下免疫療法です。治療期間が長く、3~5年ほどをかける必要があります。
現在、ダニアレルギーとスギ花粉症の2つのアレルギーでこの治療法が可能となっています。
このうちダニアレルギーに関しては一年を通していつでも治療を開始することが可能ですが、スギ花粉症に関しては、スギ花粉の飛散時期は治療を開始することができません。
当院では、舌下免疫療法に関しては、お子さんだけではなく、保護者様も同時に治療を受けていただくことが可能です。親子でお気軽にご相談ください。

舌下免疫療法の説明

まずご来院いただき症状などの問診、必要に応じてアレルギー検査をおこないます。
その後、医師やアレルギーエデュケーターより服用手順や注意事項について丁寧にご説明いたします。内容にご了承いただけた場合に治療開始となります。
初回の投与はクリニックにて行います。アレルギーの原因となる物質が含まれた錠剤を舌の下に1分間保持したあと、飲み込みます。副反応がでないか確認するため30分程度、院内で安静にお過ごしいただきます。投与後は、5分程度うがいや飲食を控えるようにし、また投与前後2時間は激しい運動や入浴を控えていただきます。
2日目以降は自宅での投与が可能です。
2週間目から投与量を増やし、その後は1カ月に1回の受診で経過を見ながら、3年以上の長期にわたって投与を続けます。

子どものスギ花粉症治療

近年では、お子さんのスギ花粉症が増加してきています。舌下免疫療法も以前は12歳以上が治療の対象だったのですが、現在では5歳を過ぎると治療を受けられるようになりました。

舌下免疫療法よくある質問

どんな治療法なのですか?

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を少量から投与することで、身体を慣らしていく治療法で、アレルギーの根本治療とも言われています。

治療期間はどのぐらいですか?

スギ花粉症、ダニアレルギーのいずれも、3~5年程度という長期間の服用が必要です。
月に1回の受診が必要です。

どんな薬品を使うのですか?

スギ花粉症ではシダキュア、ダニアレルギーにはミティキュアという舌下錠を使います。

どのぐらい通院する必要があるのでしょうか?

治療開始時期には1週間ごとの通院が必要です。その後は1か月に1回の通院となります。

いつでも治療開始できますか?

ダニアレルギーについては、いつでも治療が始められます。スギ花粉症の場合はスギ花粉の飛散時期は治療ができませんので、6月~12月に治療を始めます。

ページの先頭へ ページの先頭へ