乳児湿疹

乳児湿疹について

赤ちゃんの肌のトラブルを総称して、乳児湿疹と言います。
乳児湿疹には、新生児ざ瘡(にきび)、乳児脂漏性皮膚炎(乳児脂漏性湿疹)、皮脂欠乏症(乾燥肌)や接触性皮膚炎(おむつかぶれやよだれかぶれ)などがあります。

新生児ざ瘡

赤ちゃんにできるにきびを新生児ざ瘡といいます。赤ちゃんの顔に赤いぶつぶつのようなものができます。これは新生児の20%ぐらいにできるとされているもので、数か月すぎると自然に消えていくことがほとんどです。適切な保湿と保護を心がけます。

乳児脂漏性皮膚炎
(乳児脂漏性湿疹)

赤ちゃんの頭にふけのようなうろこ状の脂っぽいかさぶた状のものがついていることがあります。また同じようなものが、顔や脇の下、首周りといった皮脂の分泌が多い部分にできることもあります。このかさぶた状のものを痂皮(かひ)といいます。
赤ちゃんは、生後3か月ぐらいまではお母さんからもらったホルモンの影響で、皮脂が分泌されやすい状態になっています。
正しいスキンケアによって2か月ほどで自然に治っていくことが多いです。
毎日入浴すること、入浴の30分ぐらい前から痂皮の部分にワセリンやオリーブオイルなどを塗ってじっくりと患部に浸透させて、よく泡立てた石けんをつかい優しく肌をマッサージするように洗ってあげることが効果的です。
悪化している場合は、ステロイド外用薬などを使用することもありますのでご相談ください。

皮脂欠乏症
皮脂欠乏性湿疹

皮脂の分泌が足りないと、保湿ができず角質の水分量が不足しお肌がかさかさになってしまいます。これがいわゆる乾燥肌の状態です。この状態を皮脂欠乏症といいます。また、さらに乾燥がすすむと、湿疹を起こすようになります。これが皮脂欠乏性湿疹です。
赤ちゃんの肌はみずみずしいと思われるかもしれませんが、実は赤ちゃんの肌は薄く、とても乾燥しやすい状態です。赤ちゃんから毎日のスキンケア(清潔と保湿)が必要です。
湿疹がある場合には炎症を抑える治療とスキンケアをおこないます。

おむつかぶれ

おむつをしていて、皮膚が赤くかぶれたり、ぼつぼつとした発疹ができたりするのがおむつかぶれです。 原因は、おむつの湿気によるもの、皮膚についたうんちやおしっこがきれいに拭き取れずかぶれたもの、おむつやおしりふきによる接触性の刺激などが考えられます。
こまめにおむつを取り替える、おしりを強くふきすぎない、こまめにおしりを洗ってあげる、ワセリンや亜鉛華単軟膏などで皮膚を保護することも大切です。炎症が強い場合には外用薬も使用します。
また、カンジダ皮膚炎などカビ(真菌)が原因で起こる湿疹もあります。その場合は抗真菌薬の外用が必要なこともあります。

お子さんの皮膚のお悩みは当院でご相談ください。
当院では医師の診察と看護師によるスキンケア外来で、ゆっくりとお話を伺い、しっかりお肌の状態を確認し、治療の不安などのご相談にも丁寧におこたえいたします。
必要がある場合には皮膚科への紹介も行います。

ページの先頭へ ページの先頭へ